サイバーストーカーとスラップ(恫喝)訴訟による業務妨害

警察から

私に接近しないようにと言われているのに

 

2016・5・31

抄録集を申し込み

同夜

催促メールをしてきて

(メールの連続送信も

危険なサインです)

3日待つと言いました。

 

その間に

申し込みがありましたが

idthatidのなりすましかもしれないので

この抄録は販売できなくなり

その対応に追われていますと

 

10日後に

東京簡裁に

少額訴訟を起こし

 

散々、意味不明の嫌がらせをした挙句

(現金書留も口座振込も供託も応じない等)

 

8・9に

取り下げています。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-4712

 

来られるのも恐ろしいのに

遠方に呼び出されそうになったのです。

会いたくないので

代理人に依頼する必要があり

それなりに準備も必要でした。

 

面会の強要は

ストーカーによる嫌がらせの1つですが

ここまでひどいものは

聞いたことがありませんが

 

住所を教えないから

職場に送達するしかなかったと

うそぶき

 

同様の脅迫を

私の関係者にも行い

(集団訴訟をするとの恫喝です)

 

私を社会的にも孤立させようとしています。