サイバーストーカー被害はSNS連続送信から

私が

2013・12・13に書いた

amebloの記事の

 

http://ameblo.jp/raingreen/entry-11728579182.html

 

コメント欄に

2014・3・15

idthatidが

(この時はtlros)

質問してきました。

 

スクリーンショット (1124)

 

普通のリテラシーがあれば

わかる内容なのに

わざわざ質問してきて

妙な人だと思いました。

しかも

専門家だと書いています。

これはおかしな人物に違いないと

強い警戒心を持ち

(後になってみれば

このカンは正しかったと思います)

スルーしていますと

翌日再コメントをしてきました。

 

「やはり(コメントしないのですね)」ってなんでしょう⁉

 

そもそも失礼なコメントには

答える義務もないのに

勘違いも甚だしい

邪魔くさい人だと判明

やっぱり相手にしないでよかった?と思いました。

普通ならこれで立ち去りますよね。

 

ところが?

 

こんな感じで

 

スクリーンショット (1123)

(http://ameblo.jp/raingreen/entry-11797680334.htmlのコメント欄)

 

2014・3・24までの10日間に

14個もしつこくコメントしてきたんです。

 

内容はただのゴロツキつきで

とてもスクールカウンセラーのコメントだとは

思えませんので

知り合いにはひた隠しにしているようですが

 

数は

ここだけでも15個であり

私は削除せず

すべて承認しており

ネット上で確認できますよ。

 

 

水道橋博士さんも

東京高裁判事さんも

なかったことにはしない派だそうです。

 

 

 

詳細は

?サイバーストーカーとSNS連続送信 ―複数の名前をつかった多重人格性ゴロツキコメントの一事例にまとめました。