哲学的忍耐力

 C.G,ユングの言葉です。
「心理療法の最高の目的は患者をありえない幸福状態に移そうとすることではなく、彼に苦しみに耐えられる強さと哲学的忍耐を可能にさせることである」

PTSDはつらい。どうしてこんな理不尽な目にあわなければならないのかと思う。
これからどうしたらよいのか途方に暮れる…。

哲学は哲学者の専売特許ではないと思う。
今自分が置かれている不幸の意味について、立ち止まって考えなければ一歩も進めないような時は、誰にだってあるんじゃないのかなと思う。

PTSDに巻き込まれた人は誰でも哲学者になる。
特に子どもは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です