アラバマ事件続報~終身在職拒否され女性教授発砲

PTSD研究家翠雨の日記
米アラバマ大学ハンツビル校で発砲を受け、
担架で救急車に運ばれる人たち=AP 

AP通信などによると、
米南部アラバマ州ハンツビルの
アラバマ大学ハンツビル校で
12日午後(日本時間13日朝)
生物学部の教職員会議の最中に発砲事件があり、
教員3人が死亡、教員2人と職員1人が負傷した。

負傷者のうち2人は重体。死傷者に学生は含まれていない。

地元紙ハンツビル・タイムズ(電子版)によると、
同学部の女性教授エイミー・ビショップ容疑者が発砲に絡んで逮捕され、
その夫も拘束された。
ビショップ容疑者はハーバード大学で神経科学を学んだ。

CBSニュースによると、
同日朝、大学から終身在職を拒否され、
午後の会議に姿を見せた際に発砲したという。

ハンツビルはアラバマ州北部の中心都市。
アラバマ大学ハンツビル校は学生数約7500人。

米軍の軍医の乱射事件も
今回のこの事件も
精神科&神経科の専門家によるものです。

この研究分野が
今、迷走していることを暗喩する
とても【象徴的】な現象であるような
…そんな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です