渡辺淳一『告白的恋愛論』の原点

2,3日前の朝日新聞夕刊で渡辺淳一が語っている。

「男女関係は実に多彩で人間の原点だから、
作家として、これを書かないなんて信じられない」
という渡辺さんの書いた『告白的恋愛論』に
登場する女性は十人十色だが、

トップバッターは
高校2年生の時
下宿生同士でなかよくなった女性。
なんと18歳で自殺している。

親しい人の自死はトラウマとなりやすいことが
知られている。

渡辺淳一の小説は
彼のトラウマが書いたもの
…かもしれない。

表現することで
トラウマは癒される。

PTSDに罹患すると
【うつ病】と誤診されてても
それは同じだけど、
みんな表現しようとする。

絵を描いたり
小説を書いたり
ストリートミュージシャンになったり

絵画療法や箱庭療法に興味を示したり…

びっくりして
私に
「ムリにさせている」
と非難する専門家もいるけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です