アラバマ大学銃乱射容疑者は遺伝学者

米アラバマ大学で
12日
生物学教授である容疑者が
終身教授の地位を認定されなかったことで、
午後に開かれた生物学会の会議に出席し
銃を乱射した事件ですが…

地元紙のハンツビル・タイムズ(Huntsville Times)によると
容疑者の夫は細胞培養システムを開発し、
容疑者は名門ハーバード大学卒の遺伝学者として知られていた
とのことです。

現在
日本では
【トラウマ】による
心因中の心因である
こころの病【PTSD】について

教科書を捻じ曲げ
詭弁を使ってでも
【うつ病】【発達障碍】【認知症】
として治療し、
あるいは放置し
また(不治だと思わせて)あきらめさせた結果

年間3万以上の自死が12年も続いている。

容疑者が遺伝学者とは
なんとも
【象徴的】な話である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です