DV克服は非暴力の哲学

チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世が
6月に長野市を訪れるのを受け、
同市の会社員ら有志が14日、
チベット問題の勉強会を市内で始めました。
 
勉強会は、
昨年4月に
市内で
チベット問題に関連する映画の上映などをした
グループのメンバーの一部による主催です。
この日は、
ダライ・ラマの自伝やチベット亡命政府の資料を基に、
ダライ・ラマが1959年に
インドへ亡命したいきさつなどを学びました。

DV被害の克服は
ダライ・ラマの抱える難問と重なります。

それは
非暴力の哲学です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です