心理療法に欠如する時代感覚

朝日新聞の社説によれば…

現在のDV支援家は
被害者をせっかく保護したのに
被害者が
被害を否認したり
支援を拒んだりすることがあり
このことが
DV支援を困難にする
一番の原因であると考えているらしい。

これは
【発達障碍】の子どもに対して
その子にふさわしい【ドリル】を与えても
やる気が持続しないために
結果がなかなかでない
    とか
【不登校】の子どもを毎朝迎えに行き
励ましているのに
これまで味わった挫折感を不安に感じ
登校継続に至らない
     などと嘆いているのと同じだ。

何か根本的に間違っているのではないか。

私がDVシェルターで一番感動したのは
たとえ子どもであっても
今の自分の置かれた立場を自分で確かめながら
崖っぷちで考え
答えをつかんでいく姿
だった。

それは
世紀の公案アニメ『崖の上のポニョ』で
【まっすぐさ】を貫き通した
ポニョや宗介の姿と重なる。

今は
まっすぐな男』&『曲げられない女』
放映中である。

筋を通さないのは
専門家のみである。

いまどきのクライエントは
【象徴】が使えない
などと
ユング派の先生たちはおっしゃるのですが

さて…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です