島根の女子大生遺棄事件に懸賞金前倒しの英断

島根県浜田市の
同県立大1年平岡都さん(当時19)の
遺体が広島県の臥竜山で見つかった事件で
両県警の合同捜査本部は20日までに
有力情報の提供者に
国費で最高300万円の懸賞金を出す
公的懸賞金制度を前倒しで適用することを
決めたようです。

捜査関係者によると、
平岡さんが行方不明になって4カ月になる
今月26日から
1年間に寄せられた情報が対象と
なります。

 
懸賞金制度は
警察庁が2007年に導入し、
原則発生から半年以上未解決の
重大事件が対象ですが
捜査本部は
平岡さんが行方不明となった
当日の目撃情報など、
有力な情報が乏しいことから
前倒しを検討していました。

平岡さんは昨年10月26日夜、
アルバイト先のアイスクリーム店を出た後に
行方不明となり、
11月6日に臥竜山で遺体が見つかりました。

奇怪な事件で
周辺の方々の不安は
大変なものだと思います。

PTSDに気をつけてほしいです。
もし極度の不安や恐怖感を感じているなら
それを認め
できたら人にも語ること、
そして聞いた人は
「言っても仕方がない』とか
「気にしないで」
などと【否認】しないことで
PTSDの殆どは予防できると思います。

もし多忙であるいは不安を誘うので
聞いてあげられないときは
正直にそのことを告げ、
聞いてもらえそうな人を探してあげるとか
探すべきだと強く主張してあげると
双方ともにいいと思います。

この作業を怠ることが世間でよくあり
【悲劇】を多発させています。

そして
いつかの流行のように
【心のケア】とか
【臨床心理士を派遣】とか
そういうのではなく
その人の周辺で
その作業をすることが望ましいと
私は考えます。

犯人も【解離】を起こしているはずですから
一刻もはやく事件が解決し
真相を究明することが
望まれます。

懸賞金の前倒しは
英断だと思います。

児童ポルノ事件への対応など
(取り締まり強化と被害児のケア)
最近の警察庁は
PTSDにとても理解があり
頼もしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です