『崖の上のポニョ』の海②

宮崎駿監督は
この作品では
海=無意識
と言明しています。

その海の中では
ポニョと妹たちが遊んでいます。
一即多の象徴表現ですね。

一即多 多即一は
華厳経の根本思想の1つです。

要するに
背景にキリスト教がある
『人魚姫』ではなく
華厳思想を背景とした
『崖の上のポニョ』が
描かれているのです。

日本人のこころによりそうには
西洋の心理学そのものではダメで
東洋的に翻訳する作業が必要です。

しかしそれができていないのです。
おまけに【象徴】が使えないと
おっしゃる方が多いのは嘆かわしいことです。

西洋の【象徴】を当てはめようとするから
だとなぜ気がつかないのでしょう。

それで【知的障害】や【人格障害】【適応障害】として
教育するのです。

【傾聴】が心理療法の定石で
薬が使えないわれわれには
【傾聴】しかないのに…です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です