玄侑宗久『阿修羅』【解離】の文学性

$PTSD研究家翠雨の日記

旅先のハワイで
妻の人格に異変が起こり
夫の苦悩が始まる。

解離性同一性障害(DID)と
診断され
主治医は妻の過去を遡及し始める。

玄侑宗久さんは
実際にPTSDの患者さんに会って
あまりに文学的な病いであることに
驚嘆
されたそうです。

無意識に
「わたし」の都合でまとめられる人格と
そこからはみだし解離していく「わたし」たち
の物語を
何年かかっても書きたいと思ったとのことです。

玄侑さんは言います。
「現代は解離の時代である」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です