試写室 NHK歴史秘話ヒストリア 『蟹工船』と自殺対策

本日NHKでは
『蟹工船』を
とりあげるようです。

80年前の小説ですが
今とても支持されているのですね。

作者の小林多喜二は
【文学は社会を変えるもの】
という信念の持ち主でした。

劣悪な環境にあっても
人と人とのつながりあいが
いかに大切であるかが
描かれているようです。

『崖の上のポニョ』も
みんなが【一緒くた(一即多)】になって
ポニョを支援しました。

失業により
お金がなくなって
自殺者が増えたと
言われていますが、

そうではなくて

人の話をちゃんと【傾聴】しあい、
人として尊重しながら
支えあう
そういうことで

悪しき記録更新を食い止めることができることを
学びたいと思います。

まずは専門家が
人の話をちゃんと聞くことですね。

小学生のときに
ずいぶん習ってるはずなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です