トラウマの昇華 安藤美姫選手の場合

バンクーバー五輪の
安藤美姫選手は

「レクイエム(鎮魂曲)」を
選び

見せ場となるステップの直前
空を見上げ
十字を切りました。

8歳で父親を亡くし
3年前に祖母を亡くしたので

レクイエムの調べは
胸に響き

最初はつらかったそうです。

泣きながら
振り付けし、

これは自分にしかできないと
覚ったそうです。

そうすると
悲しみが
スケートによい力を与えてくれた

と語っています。

トラウマに
どう向き合うか

そして向き合うとどうなるのか
シンプルな説明がここにあります。

安藤選手の個性化の過程を
垣間見せてもらいました。

逃げずに
負けずに
念じて
跳ぶ
ポニョみたいでもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です