朝日新聞『獅子頭』第三話 PTSD予防

盲目の老人に
赤ん坊の将来を占ってもらったあと
名前をつけてもらう。

ここでの占いは
宣告ではなく
予言

あたるかもしれないし
あたらないかもしれない。

あたるも八卦
あたらぬも八卦の
【陰陽五行説】

PTSDに関しても
ショックな出来事があって
トラウマになる場合もあるし
トラウマにならない場合もある。

兄のときは
将来の挫折が予想されたので
【大順】という
追い風に乗るような人生を願う名前になった。

わが国でも
かつて【水害】に悩まされた先人は
逆に【火祭り】の呪術で乗り切ろうとした。
「水害でダメージを受けるよ」
「ああそうですか」で
済まさず、
先手を打つのである。

【水剋火】(水は火を消す)の法則
普通は水が強いが
多量の火を用意して水に対抗しようとする。
相手が大自然であっても
生きるためには
泣き寝入りしてられない。
法則なんてクソ食らえ!
法則を逆手にとって立ち向かう

ねぶた祭りなどは
とても人気があります。
【陰陽五行説】など知らなくても
無意識にインプットされたものが
不屈の精神をよび覚まそうとするから
魅力的に感じるのではないでしょうか?

この弟は
【二順】

挫折があっても追い風に乗れるし
挫折がなくても追い風に乗れる。

二重の順で
めでたいと老人は勧める。

天災や事故や事件に見舞われて
トラウマが予想されるとき
トラウマ化しても
トラウマ化しなくても
どちらでも対応できるような
措置が自然になされたら
理想だろう。

「事件を忘れろ」と否認されるのも危険だし
「PTSDになるから心のケアを」と
頭ごなしに押し付けられるのも
気味が悪い。

いつか書いた
【ナマハゲ】みたいな
自然な予防ワクチンを
考案したいと思っている。

参考文献*カミナリさまはなぜ
へそをねらうのか  吉野裕子 サンマーク出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です