まぶしい昨日韓国のキムヨナ一色主義

昨日のキムヨナ選手
凄かったですね。

ソウル駅構内のテレビ前では
キムヨナ選手が世界歴代最高点を更新すると
大きな拍手と歓声に包まれ
市民は金メダルを確信したようです。

なんと
キムヨナ選手が演技した時間帯には
株式や為替の取引が停滞して
まさに「国民の妹」
ですね。

韓国はバンクーバー冬季五輪で
昨日までに計11個のメダルを獲得し
アジア勢でトップです。

メダル獲得者に対する報奨金や年金など
政府による手厚い支援のほか
運動能力に優れた子供を対象とした
少数精鋭のエリート教育が奏功したと
分析されています。
李明博大統領も
祝電を送り
「勝利に向かう情熱と闘志は
国民に大きな感動と喜びを抱かせた」
とねぎらいました。

キムヨナ選手の
堂々の実力と不敵の魅力の背景にあるものが
まぶしかったです。

わが国の
精神科医療は
【同調至上主義】&【自力克服奨励】型ですからしょぼん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です