日本一危険な国宝【投げ入れ堂】とポニョ

PTSD研究家翠雨の日記

絶壁に張り付くように建てられています。

鳥取県三朝町の三仏寺「投げ入れ堂」です。

修験道のスーパースター
役行者が
投げ入れて創ったという
伝説がありますが、

まあそれはありえないので

偉い建築家の先生に
「当時の技術で
創れますか?」と
お尋ねしますと、

「できたと思います。
でもたくさん死んだと思いますよ」
とのことです。

修行者も
それを支える人も
みな命がけなんですね。

平成日本の公案
【崖の上のポニョ】の
【個性化】【自己実現】も
命がけなのに

専門家の真剣味に
ちょっと難があります。

1つ面白いことを聞きました。

登るには
登山靴がよさそうでしょう。
でも足首も樹木の根も傷みますから
【わらぞうり】がお奨めだそうです。

PTSD克服にも
常識を離れて
よく考えることが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です