海渡くん【虐待死】父再逮捕と【否認】の【否認】

静岡県警は24日
両親から暴行を受けた後に死亡した
東京都江戸川区
小学1年生岡本海渡(かいと)君(当時7歳)の
継父で電気工岡本健二被告(31)を
強盗容疑で再逮捕しました。

健二被告は
海渡君の事件で
妻(23)とともに
傷害罪で起訴されています。

容疑は
2009年6月2日
男5人で
静岡県磐田市中泉
会社役員宅に侵入し
妻(73)を刃物で脅し
手足を粘着テープなどで縛ったうえ
金庫から約880万円を奪った
というものです。

虐待死した
海渡くんの父親の
暴力性はもはや
病的です。

海渡くんの死のように
典型的でわかりやすい事例さえもが
このような遠回りを経て
やっと認められるのですから、
世の中に
どれほどの
【DV】や【児童虐待】が潜んでいるか
わかりません。

どれだけ多くの人が
子どもが
絶望していることでしょうか。

本日、朝日新聞オピニオン
【虐待死】の特集ページで
記者が書いていたように

【否認】というものを
プロとしてしっかり学んで欲しいです。

理学療法士の国家試験にでも
出るような
基本的な臨床心理学を
あまりにしらない
プロ(?!)が多すぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です