日本心理臨床学会は自殺防止対策を重んじていない?

今年の学会ワークショップの講座は
全部で42あります。

河合隼雄先生存命中
あんなに流行していたユング心理学関連ゼロ

年間3万人の自殺記録12年でも
自殺対策は1講座

しかも
「心の専門家が出会う法律 
 ―自殺対策基本法を中心に―」

法律を扱うんです。
自殺者の無意識は
扱わないんでしょうか。
不思議です。
国を挙げての自殺対策には協力しないんでしょうか。

それで
心理臨床家は
国民から
必要とされるでしょうか。

臨床心理士国家資格は
実現できるでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です