浅田真央選手の心理学

朝刊で
浅田真央ちゃんが
今後の抱負を語ってました。

印象的だったのは
「心理学を学びたい」
でした。

平坦な道を歩いていると
心理学とか
要らないですよね。

何か
とてつもない
大きなものに
ぶつかったとき

気になってくるものだろうと
思います。

西谷啓治ら
哲学者も
そう言ってます。

そして
そういうときには
スポンジが
水を吸い込むように

内容が理解できると
言われています。

殆どの
精神科医や
臨床心理士には
心理学が
まだひとごとなのかな?

自殺対策や
無意識も含めたこころの研究を
放棄して…

こんなに切羽詰まった
問題なのに…

真央ちゃんは
マラソンやティラピスのほかに
ヨガにも関心があるようです。

かつての
まじめな研究者が
命を賭して
取り組んだ
心身霊に対応する
心理学を
(もはや心理学ではないかも知れませんが)
是非
学んでほしいと思います。

そして
きっと
できると思いますドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です