『ワンピース』ハリー・ポッターを超える

PTSD研究家翠雨の日記

若者を中心に人気を集めている漫画
「ONE PIECE」の
新しい単行本は

初版の発行部数としては
国内の出版史上最高の
300万部を発行することになり
出版不況のなか
根強い人気を示しています。

まずは
冒険物語というのが
いいんでしょうね。

心理療法では
【適応障害】【発達障害】【人格障害】
扱いで
冒険させてくれませんからね。
【個性化】しようとしているのにね。

ハリー・ポッターも
ポニョと同じ
日常にある【魔法】
テーマですが

【魔法】の杖を振る方向が
西洋人と東洋人で
ちょっと違うんですね。

『人魚姫』では不足で
どうしても
『崖の上のポニョ』を
描く必要があったように

ハリー・ポッターも面白いけど
どうしても
『ワンピース』が
必要なのでしょう。

個性化するための
ワンピースは何か?

誰もが
気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です