PTSD支援には『めだかの学校』が理想ではないか

めだかの学校は
川の中
誰が生徒か先生か
誰が生徒か先生か
みんなでお遊戯しているよ。

先生一人に生徒が多数

世紀の公案アニメ
『崖の上のポニョ』の

ポニョと妹たちの構図

要するに

【一即多】
は【華厳】の根本思想の1つ

PTSD治療でも

上から目線で
お兄さん風
お姉さん風
先輩風
専門家風

あんまり暴風雨では
風邪をひいてしまいます。

セラピストとクライエント
そしてクライエントを取り巻く人々が
【一即多】
いちそくた
一緒くたになって
みんな成長していくのが
理想だと思います。

我々の集合的無意識には
文化的DNAとして
華厳思想が
まだまだ有効に働いていると
思います。

キリスト教は
優れた思想ですが

この厳しい国で
【自力】克服を
迫られている
人々には

【絶望】としか
映りません。

『人魚姫』でなくて
『崖の上のポニョ』を
センセーショナルな歌とともに
送り出したのは
そういう背景が
あるからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です