光GENJIの元メンバー赤坂晃被告の依存症

昨夜の記事より
詳しい事情がわかりました。

起訴状によると
昨年10月に新宿の
カラオケバーの
店長となりましたが
金銭トラブルなどがあり
独立を図るもメドが
立たなかったようです。

病気の父の介護で
精神的に追い詰められ
昨年12月10日に
出資者の男性から覚せい剤を勧められ
同28日に使用した
ということです。

「酒と併用したので
思ったほど効果はなかった」と
振り返るなど
淡々とした態度を
貫きつつ

謝罪し
「打ち込める仕事を探すこと
(誘惑の多い)環境に身を置かないこと
意思を強く持つこと」と
更生への3カ条を
口にしました。

赤坂被告から学ぶべきことは
3点です。

薬物依存は

①強いストレスが原因
②ストレスへの耐性に問題があった
③【自力】で克服するしかない

日本では
PTSDは
ブラックボックスにあり
【否認】された病ですから

依存症は
性格の問題になり

自力で直すしかないんですね。

いばらの道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です