列車飛び込み自殺対策強化キャンペーンの明暗

JR東日本が
「生きる支援の強化月間」
と名付けた
列車飛び込み自殺対策強化キャンペーン
始めたこともあるのでしょう、

昨日の朝日新聞夕刊では
はっきりと
電車での轢死を報じていました。

最近の傾向としては…
普通に生活していると
列車の遅延の多さは嫌でも
気づきますが、
理由はあまりはっきりさせないのが
お約束
でした。

自死したのは
大阪府枚方市で
69歳の女性です。

夫との散歩中で
もちろん
夫は引き止めようとしたのですが
それを振り切って
遮断機をくぐり
線路の上にしゃがんだそうです。

目の病気を苦にされていたと
書かれていますから

もちろん
それは引き金になったでしょうが

①夫の制止を振り切って
②線路の上にしゃがみこむ

人を振り切るというのは
【振り切りサギ】ならぬ
振り込めサギの被害者と
どこか似ています。

催眠商法にかかりやすい
被暗示性の高さをもつ
ヒステリーつまりPTSDです。

線路の上にしゃがみこむのは
最近の自死の流行です。
流行に敏感なのも
被暗示性の高さのたまものです。

ヘッセの
『車輪の下』の主人公が
PTSDから
飲みたくもない
アルコールに溺れ
溺死したのと似ています。

本人にははっきりとした
希死念慮はなかった感じがします。

何かに引かれるように
このような
行動をとってしまったのでしょうね。


【解離】
の様相が
ありありと
浮かんできます。

この犠牲から
我々はきちんと学ばねば
ならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です