地下鉄サリン事件PTSD申告は86名

1995年3月20日に起きた
地下鉄サリン事件での
死傷者は

6300人だったと
わかりました。

このうち

86名が
PTSDやまぶたの痙攣
視野の縮瞳など目の障害
手足の麻痺などの後遺症で
給付金支給を申請しています。

身体的な後遺症というのも
PTSDでしょうね。
6300人のうちの86名がと
書いてあるんですからね。

身体症状がメインの人を
除いたのが86名でしょう。

当初
翌日夜までに
医療機関を受診した人のみ
事件との関連性を認めていたので

5500人と思われていましたが

6300人に増加しています。

PTSDこそ
時間がたって
発症することが
多いです。

本当はもっと
おられるのではないでしょうか?

1995年3月まで
元気だったのに、
東京地下鉄の現場に
居合わせてから

【うつ病】
【発達障害】
【人格障害】
と診断されて
なかなか治らない人はいませんか?

急に
薬物やアルコールの
【依存症】に
なった人はいませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です