トラウマ対処法日米④

先ほどから
日米で
トラウマの超え方に
違いがある
なんて話をしていますが…

日本の場合の
アジャセコンプレックス

とんでもない甘えが許されて
初めて自覚が起こり
反省する

という件

下手すると
反感ものでしょう?!

素朴な感想として
最もだと思います。

しかし
日本人は案外打たれ弱いんですね

なので
悪いのは悪いし
間違っているのは
もう疑いようのないこと
なのですが

そんな状況にいても
バッシングされたりすると

まず
自分がかわいそうになってしまうことが
多いようです。

自分がかわいそうという気持ちで
一杯一杯

こころに
開きスペースはゼロです。

ここに反省の起こりようはないです。

究極の場合は
バッシングが【急性ストレス障害】を生み
【解離】が起きて
ますます会話が通じなくなります。

ここでは
正論が無効なんですね。
正論で攻めれば攻めるほど
相手の【解離】がきつくなるでしょう。

急がば回れ!
傾聴しかないんですね。
結局は…

鬼刑事でもそうでしょう。
カツどんくらいは出すでしょう?

そしたら
ほろりとして
しゃべってしまったりするでしょう?

アジャセマジック!
かな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です