秋葉原無差別殺傷事件第四回公判とDV

被害者が
この事件では
初めて
証言しました。

友人2人が
加藤被告が運転する
トラックにはねられて
殺害され
自らも軽傷を負った
20代の男子大学生は
「一番忘れられない
最悪の日だった」
と声を詰まらせ
「誰でもよかった
というのは許せない。
2人の痛み
恐怖を味わって
死んでほしい」と
語気を強めました。

ナイフで腰を刺された
40代の男性会社員は
つえをついて入廷し、
刺された瞬間の記憶がなく
入院期間が
約5か月に及んだこと
現在も
自力で
排便や排尿ができないことを
訴え
「死刑になると思っているが
私のけがは
どうやっても戻らない」
と語りました。

証言の間
加藤被告は
うつむいたまま
表情を変えませんでした。

二人目の被害者は
記憶を失わなければならないほど
恐怖感が大きかったと
証言しています。

通りかかっただけの人も
十分PTSDのリスクを負っています。

加藤被告についてですが
非常に複雑な問題を抱えています。
無表情は
その重さだと思います。

もちろん
彼は加害者で
犯した罪は甚大です。

ただ
彼もまた
『ドラキュラ』の被害者なのです。

ドラキュラに血を吸われたら
ドラキュラとして生まれ変わります。

父親がドラキュラだったんです。
幼い心に
日々の恐怖から
トラウマが発生し
それを振り切って生きていく
(前向きですが否認が起こっています)
その中で
PTSD化し
【解離】が起こったのです。

Dv対策の不備は
自傷&他害の時限爆弾を
抱えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です