9羽のトキの犠牲から学ぶ自殺対策

佐渡トキ保護センターで
国の特別天然記念物の
トキ9羽が死んだ問題で
環境省は

外部から侵入して
トキを襲った小動物は
イタチ科のテンと
判明したと発表
しました。

監視カメラの
分析によると
襲われたのは
9日午後8時以降
とみられます。

監視カメラには
トキの異常な鳴き声が
計10回記録されて
いました。
最初の鳴き声は
9日午後8時すぎで
午後10時~11時すぎには
8回にわたり
集中的に
異常な声が発せられ
10日午前5時45分にも
同様の声が確認されています。

トキは
暗闇では
飛べないんですね。

現れたテンに
驚き
怖かった
でしょう。

それで
慌てて
飛んで
天井にぶつかり
落下したのではないか
そこを襲われたのではないか
とも推測されています。

人間も
恐怖に襲われたトキ

同じだと思います。

自死の模倣が止まない
線路には
ブルーライトでは
不足で
お水取りの火のような
華厳経の
凄い火が
(意識)
必要です。

トキの犠牲から
ポニョについて
また
認識が深まりました。

宮崎監督の
無意識って
いったい
どれだけ
凄いの?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です