朝日新聞『獅子頭』第十六話 トラウマ非回避即回避

二順は
大怪我をして
入院中です。

身体のケアも大事ですが
周囲の人たちの
こころのケアも
上手で自然です。

母は
農繁期の多忙を
兄に任せ
看病し
占い師がいつか言った言葉で
大丈夫元に戻れるよ
と言ってあげます。

生意気な
鬼猫も
彼独特の言い方で
励まします。
先輩の名前を挙げ、
いつか内臓が出てしまった
らしいけど
今は平気だとか
生々しいですが
かえって
大丈夫な気がしてきます。

身体の傷が癒えてくると
時間が直してくれる
ということも
学習する。

そのうちリハビリへ移行

みんなのおかげで
いろんなものに
支えられて危機は
回避できました。

でも
一番大事なのは
怪我をした場所に
戻ったことですね。

怖いからと
やめてしまうと
トラウマになります。

非回避

回避

の法則です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です