竹取物語の5人の貴公子①

かぐや姫は
5人の貴公子
に対して、

「どのお方も
優劣がないから」

愛を試すために
難問を
出しました。

恨みが残らない
平和的解決は
このころから
日本の常識でした。

優劣=陰陽

5つの問題=五行

わが国には
553年くらいに
陰陽五行説が
入ってきています。

そして
早速
影響を受けています。

(竹取物語は
9世紀末ころ書かれたのではないか
と言われています)

感受性が凄いでしょう得意げ

竹取物語の5人の貴公子①」への0件のフィードバック

  1. sakura

    SECRET: 0
    PASS:
    翠雨さんの謎解き、楽しませていただいてます。

    日本史のプロットとして“陰陽五行”はほんま欠かせないモノなんですね。

    古事記もこれに基づいて創られていることに最近きづきました。

    以前の翠雨さんのエントリにもあったようにこれは永遠のトラウマでしょう。
    だからこのことは内緒にしているんですね。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >sakuraさん
    楽しんでいただいて何よりです。
    永遠のトラウマ…いい響きですね。
    学会の抄録に使わせていただきます!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です