竹取物語の5人の貴公子② 華厳&陰陽五行

かぐや姫に
難題を出された
5人の貴公子の
結末は
以下の通りでした。

*だまそうとして
うそをついたが
バレて
恥をかく  ×2

*同じく
うそをついたが
バレて
やる気を失う

*失敗して笑われる

*死んでしまう

哲学的難題は
凡夫には
難しい
ということ
ですが

どう難しいのか
について
実に心理学的な
考察が
あったのですね。

いまだに
これを
理解できず

二の舞を踏んでいる
分析家が
多いですあせる

最後に
帝が登場して
富士山に火をくべる
(不二)

ところで
お話は終わっています。

5人の貴公子の
失敗と
帝の
不二

かぐや姫には
華厳経と
易陰陽五行の
習合がみられます。

華厳経は
お水取りという名の
火祭りと
ビルシャナ仏の
東大寺
に象徴される
宗派ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です