竹取物語の5人の貴公子③  心理分析には駄洒落が必須アイテム

5人の
貴公子の失敗ですが

なぜか
駄洒落でまとまっています。

「はぢを捨つ」
偽者の鉢を献上して
恥をかいて
鉢を捨てた。
あつかましさを
表現したもの。

「たまさかる」
偽者の玉の枝を献上して
恥をかいて
隠居した情けなさを
表現したもの。

「あへなし」
望み達せられず
張り合い失った
安部の大臣の
失意を
表現したもの。

「あなたへがた」
龍の5色に光る玉のかわりに
2つの目の玉をスモモのように腫らし
「ああ食えたものではない」
と言われたことを
表現したもの。


「かいなし」

貝が取れなかったことを
表現したもの。

日本語や
習慣の理解
そして
無意識の分析には
駄洒落が
必須アイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です