【大人の発達障害急増警告】の馬鹿馬鹿しさ

自らの「発達障害」に
気づかない40~50代の
大人が増加していると
いう触れ込みなのですが…

何とグーグルニュースに
ありました。

厚労省が2010年に公表する
新しい「ひきこもり支援ガイドライン」では
要因の第1位(27%)に
「発達障害」をあげています。

本当かなあ?!

大手銀行員を
例に挙げています。
朝起きるのが苦手で
定刻に出勤できずに
遅刻してしまうことが
たびたびで

おまけに
出かける前になると
別の仕事のことが気になって
あちこち資料を探し回っているうちに
よけい遅くなってしまう。

先方を待たせないように
待ち合わせの約束を
優先しなければいけないのは
重々わかっているが
やめらえない。

これは依存の公式でしょう。

ついでに
片付けられない男でもある。
整理整頓が苦手で
机の周りは書類などが散らかり放題
必要な資料がどこにあるのか
自分でもすぐに見つけることができない。
片付けようにも
どこから手を付けていいのか
わからない。
仕事ができず
自己評価も低くなって
気分が落ち込むようになった。

これを発達障害というのですか?!

銀行に
就職できるということは
知性も
見た目も
行動も
優秀な時期があったと
いうことを
証明しています。

現在の問題行動は
受験の時は
なかったはずです。

それが今できないのは
しかも
問題だと知っていながら
できないのは

【解離】でしょう。

どうして
【解離】を否認して
【発達障害】にしたがるのでしょう。

解離だと
PTSDですから
治療の対象になります。

発達障害は
先天性の問題だから
療養の対象になります。

要は
PTSDや
それにともなう解離が
理解できないから

銀行員を
発達障害なんて
失礼な
ことを言うのでは
ないでしょうか。

こんなに
人を小ばかにした話はないですよ!

世も末です…叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です