うつ病がころっと治った?! 鍼灸院の広告から

鍼灸院のブログとか
拝見していますと

うつ病も
診ますと
書いてあったり
しますね。

病院で治らなくて
あきらめていた患者さんも
短期で治りましたと
書いてあります。

普通は
あれーっ?!
うそでしょうシラー

って
思うんじゃないかな。

でもこれ
うそではないですよ。

どういうことかと言うと…

煎じ詰めれば
【うつ病】誤診の問題
になります。

たいてい
精神科のクリニックの
先生に会う前から
診断名が
うつ病に決まってますね。

うつ病は
そうそう起こる病気ではないんです。
遺伝性(内因性)ですから。
しかも寝たきりの状態です。
『ツ・ラ・イ』という
感情反応しかないんですから
「行列にならんで
話題のアイスクリームゲットしました!」
なんてピースした写真を
うつ病日記のブログに
アップしているなんて
ありえない。
冗談が多すぎますよニコニコ

うつ病というのは
こんな病気だというイメージがあって

まさか医者が
誤診なんか
しないでしょうという
思いこみがあって

そのうつ病が
治ったと聞いて

凄い!
と思わせるマジック
みたいなもので

からくりは
簡単です。


メスメルという
内科医が
磁石で
心身症を治していたのと
同じです。

大ブームになり
その間は
治療効果がありましたが

メスメルはうそつきだと
言うことになると
治療効果がなくなりました。

つまり
それは心身症ではなく
ヒステリーだったのです。
暗示にかかりやすい
ヒステリーだったから
擬似治癒が
起こっていたのです。

これは教科書にも書かれている
有名な話です。

現在
うつ病と診断されている人たちも
実は
うつ病ではなく
PTSDという名の
ヒステリーなんです。

つまり
磁石でも
針でも
治るんです。

この段階の治癒は
一時的ですが

絶望を防ぐ効果はあるし
アルコールなんかに
依存するよりは
いいかなあと
思います。

昔は
メスメルみたいな
治療家が嫌いだったけど

最近
まあ必要かな…
と思うようになりました。

成長か堕落か…汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です