朝日新聞『獅子頭』第十八話 トラウマを回避しなければいいというものでもない

復帰後初の舞台で

出番を待つ間
いつにない
緊張に襲われ

舞台に上がると
タイミングをはずし
突如
立ち止まってしまい
ました。

黄先生が
どうしたのか
尋ねますが、
答えられません。

先生は
舞台恐怖症かも
しれないから
しばらく
様子をみるしかない
と言いました。

一年で治る人もいれば
十年かかる人もいるし
治らなかった人も
いるそうです。

鬼猫は
名門の雑技団に
スカウトされるし
取り残されたようで

いろいろ
悔やむうち
ますます
舞台が怖くなり
ました。

PTSDも

問題となった
事件から
回避しないのが
理想と言われますが…

直面したらしたで

恐怖が
出てきたりして

その恐怖から
回避しないように
がんばらないと

恐怖が
複雑化して
しまいますね。

これなら
始めから
距離を置いた方が
よかったかも
と思うかもしれません。

トラウマは
回避しなければいい
というような
単純なものでもないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です