小咄『ラーメン戦争』の哲学

初代林屋平さんの
軒並んだ
ラーメン屋の小咄

右端の店
『日本一うまい』

左端の店
『世界一うまい』

真ん中の店
『入り口はこちら』

これも
【一太極二陰陽】の
もじり
ですね。

ぼやぼやしてると
両側から
日本一・世界一なんて
聞こえてきて
「大変」
ですね。

PTSDも
同じです
大変なんです。

大きく変わるときは
みんな窮地にたたされ
そこで
根をあげず
踏ん張って
もう一歩踏み出す
【如人千尺懸崖上樹】
漫画版は 崖の上のポニョ

ふっと
不思議な浮かび上がりかたが
待ってるんです。

①安い
②うまい
③早い
拍子

①麺
②スープ
③具
3種の組み合わせ

この小宇宙
競うのも
ラーメン人気の
秘密ですかね。

哲学的でしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です