朝日新聞『獅子頭』第二十話  恐怖症対処のいろいろ

雑技芸人としての
未来が決まる
大事な時期に
舞台恐怖症
という名の
PTSDに
なってしまった
二順ですが

一緒にがんばってきた
鬼猫も
父も
彼の新しい生き方
について

自分の使えそうな
コネで支えようと
してくれます。

なんか
舞台恐怖症が
治らないとみての
提案のようでも
ありますが…

二順は
もともと
どうしても
雑技芸人に
なりたかった
わけではないので

これが大きな
こころの支えに
なるのでしょうね。

舞台恐怖症と
言っても

治癒の仕方には
それぞれの
事情があり

彼の場合のように
比較的楽に
超えられる場合と

困難な場合が
あるでしょうね。

でも
どちらにしても
問題を回避しない
というのは重要で
外せない
ポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です