厚生労働省自殺遺族聞き取り調査研究班への感謝と期待

厚生労働省の
自殺者遺族への
聞き取り調査
により

16日

自殺した人は
普通の人より

①身近に自殺した人がいた。
②幼児期に虐待された。

割合が高いことが
判明しました。

自殺者が出ても
隠匿したり
迷惑がったり
というように
【否認】するのでは
なくて

現実にあったこととして
周知の事実とし、

周囲の人たちへの
こころのケアを
すべきでしょう。

また
虐待について
そろそろ考えなおさないと
いけませんね。

DVや虐待の被害児は
【発達障害】や
【人格障害】
扱いされています。

つらかった話を聞いて欲しいのに
先天性の問題だと
誤診されて
下手をしたら
薬漬けです。

絶望はどんなに
深いことでしょうか?

この専門家による
二次被害は
甚大です。

もはや
厚生労働省にしか
踏み込めません。

よろしく
お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です