母親による子ども殺害事件の増加現象と解離性障害

盛岡市で
深夜
寝ている
小学5年生の長男の
首を絞めて
殺害しようとしたとして
20日早朝
39歳の母親が逮捕されました。
長男は意識不明の重体です。

母親による
子ども殺しも
微増傾向にあります。

堺市で
乳児をゆすぶって
殺害してしまった
母親は

自分では
コントロールできないと
言明し

SOSを出していました。

してはいけないと
分かっていて
とめられないのですから
【解離】です。

解離は
PTSDで起こります。

PTSDの背後には
こころの傷つきがあります。


世の中に解離性障害が
あふれていると
そろそろ認めないと

大変なことになると
思います。

家庭訪問を断ったとか
言う人がいますが、

断った人が
悪いのではないのです。

上から目線で
お説教したり
【うつ病】や
【発達障害】
【人格障害】
というような
遺伝性の病と
誤診されて

(そのまま支援を受けても
未来はないと
絶望して)
支援を断っているケースが
驚くほど多いのです。

自力でみな
がんばっているんです。

でも自力の果てには
自殺や
他害という

究極の
悲劇があるんです。

こんな地獄から
救ってあげようではないですか。

もう少し世間が
理解してくれたら

それだけで

生きていけるし
犯罪を犯さなくてすむ
人たちばかりなんですよ。

分かってくれさえすれば
PTSDの苦しみだけだったら
耐えられるし
トラウマに立ち向かう
勇気も出てくるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です