心理療法には【うつ病】はない②  国家試験対策うそ講義

心理療法には
【診断】がないから

【うつ病】という
【診断名】は
ありません。

これが
臨床心理学の
常識中の常識です。

と・こ・ろ・が叫び

ある医療系職種の
国家試験対策では

臨床心理学担当の私が
【診断名】を
教えなくてはならない
のです。

特に
【境界型人格障害】

【発達障害】

これは必須です。

DVシェルターなどでの
臨床経験から

これらは
【PTSD】
であることを
痛感しています。

いかに
【PTSD】が多いか。
身近な病か。

しかし
トラウマに気づけば
簡単に治癒するか。

同時に
表面上
【人格障害】

【発達障害】
に見えないこともなく、

そういう
【誤診】が
多いこと。

その
二次被害で
いかに多くの人が
だまされ
絶望しているか。

国家試験対策までもが
誤診と
無知に汚染されています。

常識って
こうやって
作られ
凝り固まってゆくのですね。

おそろしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です