河合隼雄の『心理療法入門』から学び直そう!

PTSD研究家翠雨の日記

〈はじめに〉では

事故・災害・犯罪などによる
被害者のこころのケア
育児の支援,高齢者のケアなど

多くの領域において
臨床心理士の仕事に
期待がかかり
実際に
いろいろな場面において
臨床心理士は
それに応えて活動している。

このような仕事の根本に
心理療法ということが
存在している。

とあり

心理療法という言葉は
英語のpsychotherapyの訳語である。
本書にも詳しく述べているように
それは医学モデルによる
「治療」とは異なるものである

医学の場合は
病気の原因を明確にし
それに対して薬によったり
手術によったりして
原因を除去すると
いう方法がとられるが

心理療法は
違うと
明言されています。


誰もがもっている
自己治癒力により

個人神話の
リメイクが

行われる
というのが
心理療法です。

しかし
現状は
DVや虐待による
PTSDを
否認し

【適応障害】
【発達障害】

被害者を
二次被害の
窮地に
追い込んでいます。

河合に還れ
そして進化させよ!


いつも念じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です