朝日新聞『獅子頭』第二十八話 鼻?

二順と雲紗は
周囲が
からかうほど
仲良しです。

二順は
どぎまぎ
していますが

都会的でスマートな
雲紗は
まったく
気にせず
「ふん」
鼻息を吹いて
いました。

しかし
そのうち
急に
雲紗も
ぎこちなく
なりました。

間に
鼻の表現があります。

つい読み飛ばしそうな
なんと言うこともない
ついでに言えば
美しくもなく
文学的でもない
表現ですが…

鼻は
人間が
再生するときの
キーワード
のように
思います。

【古事記】のファイルに
続きを書いて
ゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です