元光GENJI赤坂被告の実刑  薬物連鎖を断つこころの科学は何処に?

薬物連鎖が
とまりません。

薬物連鎖
という言葉で
思考停止
しているから
いつまでたっても
連鎖が続くのです。

もうそろそろ
ヒステリーという
被暗示性が非常に高く
ファッションから
言動から
病態から
自殺の方法まで
無意識のうちに
引きずられてしまう
病であることを
認めたらどうでしょう。

PTSD研究家翠雨の日記

裁判官は
「覚せい剤への抵抗感は感じられず
規範意識が鈍麻しており
刑事責任は重い」として
懲役1年6月(求刑・懲役2年)
の実刑判決を言い渡し

「一世を風靡(ふうび)した
アイドルグループのメンバーに
このような判決を
出さなければならないのは残念。
出所後、
あなたを取り巻く状況は厳しくとも
地道に努力して更生することを期待します」
と説諭しました。

裁判官は
法の番人ですから
これでよいのです。
こうでなければ
なりません。

しかし
ファンも含め
支援する人々は

よい悪いの
感情論を離れて

「なぜなのか」
背景を考えてあげなければ
自力で
病を克服させるのは
酷な話です。

こころの専門家さえもが
人間のつらさの
背景にある病理の分析を
放棄し、

表面的に観て
勉強ができなかったら
【発達障害】
元気がなかったら
【うつ病】
覚せい剤に依存したら
【犯罪者】

という
素人まがいの
しか持っていない
時代です。

そういうことを平気で
言う専門家は
訓練法という
こころ抜きの
物理的解決法しか
もっていない

いうことを
よくよく知ってください。

病む事は
実に人間的な存在論の
問題です

それを
物理学で解決するなんて

それを心理学では
【解離】
呼ぶのです。
人間の心を失っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です