西田幾多郎の善とユングの自己実現③ かぐや姫

竹は竹、
松は松と
各自その天賦を
充分に発揮するように、
人間が人間の
天性自然を発揮するのが
人間の善である。

群生する
しばしば
厄介者扱いされるほど
繁殖力の高い
ですが

そのなかにも
ほのかに
光るものがあり

愛情を注ぎながら
見つめていたら

神々しさが増し

月そのものと
同一になるような

そんなものが
人間には
あるということを
『竹取物語』は
示して
いるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です