PTSDの見立てなしの「こころの健康政策構想会議」は地獄の思想

3日
日本の精神医療の
改善に向けて
政策会議が
発足したそうです。

重要課題は
自殺などの早期発見を可能にする
 地域セーフティーネットの構想
チーム医療による30分診療の実現
③介護者の地域支援

キェルケゴールの
『死に至る病』
としての
絶望という名の
トラウマが

PTSDの正体であり
その結果の
自殺
ですから

その見立てのない
現状で

何人専門家が
集まって
チームを組んでも
見る時間を長くしても

それは
ますます誤診や間違った見方を
強化することになるわけで

逆効果でしょう。

地域支援にしても
現状の専門家が
指導するなら
『死に至る病』である
PTSDを増やすばかりで

これは
もはや
地獄の思想です。

$PTSD研究家翠雨の日記

自力で病克服しようと
がんばる人たちを救う
投げ縄を持っているのは
東大寺の観音さまくらい
しかありませんガーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です