ユングの『赤の書』  ~【個性化の過程】という名のPTSD克服の記録

ユングという人は
第一次世界大戦前から
精神病的な
恐ろしいヴィジョン

体験したようです。

16年余りの長きにわたり
積極的に
イメージを呼び起こしながら
私的な日記として
自ら手書きで
緻密に書き綴ったのが

『赤の書』です。

PTSD研究家翠雨の日記

子どもの頃から
不登校に陥ったり
白昼夢を見たり

大人になってからも
ある哲学的難問
抱えて

統合失調症かと
思われるような
症状に苦しみ

解決できないならば
手元にある
ピストルで自殺しなくてはならない
という崖っぷちに
追い詰められた

でもあります。

ユング版
『崖の上のポニョ』

(如人千尺懸崖上樹)
ですね。

キリスト教色が強いですから
日本人が
同じように治癒するのでは
ありませんが

無意識の迫力の
凄さと
それを
否認せず
見つめ続ければ
個性として
【昇華】するということは
充分わかるんじゃないかな。

相当高いし
是非お奨め!と
言うわけではないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です