日本箱庭療法学会の発達障害観2010

2月28日(日)に
国立京都国際会館で
学会の
全国研修会が
行われました。

「発達障害からみた箱庭療法
:イメージ以前・以後・外」
というタイトルで
河合 俊雄 氏(京都大学)が
講演されました。

概要として
あらかじめ公表されたのは
以下の文章です。

概 要 箱庭療法は、イメージの「象徴性」と「物語性」を中心にしている。けれども発達障害における箱庭では、繰り返しが多く、また象徴性も見られないことが多い。それには箱庭療法に対する見方の転換が求められる。ここでは近年増えている発達障害に直面することで、箱庭療法がどのように考えなおされる必要があるのか、その際にイメージ以前の世界、イメージを超えたあり方、さらにはイメージの世界の外というのをキーワードに検討したい。

これが
現在の箱庭療法の
お手本ですあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です