井上ひさし『夢のかさぶた』 はPTSDのかさぶた取り扱い注意報

井上ひさしさんは
『夢のかさぶた』の
脚本を書くうち

日本語は主語を隠し
責任を曖昧にする
のに
都合がよい。
その曖昧に紛れて
多くの人が
戦争責任から
遁走
した」と

気づき

むつかしいことを
やさしく

やさしいことを
深く
描こうとしたそうです。

朝日新聞天声人語は
これを
【極意】と書いています。

難しい&易しいは
陰陽ですね。

陰陽が出てくる
おおもと
太極は
陰でもなく
陽でもない
ですから
曖昧といえば
曖昧です。

しかし
【一太極二陰陽】が
日本人の
リセットの極意であることには
間違いがありません。

【中空構造】の河合隼雄
同じような
思考の限界に
陥っていたようですね。

―かたや
芸術的に
かたや
学問的に
【昇華】させられなかった
ということです―

リセットの法則は
誤用・悪用されると

マインドコントロールの
手法となるので

ぼーっとしてると
あるいは
目先の都合でしか
ものを考えなくなると

あいまいを
悪用する為政者に
都合のよいように
操作されるのです。

操作されないようにするには
あいまいについて
為政者以上に
知っていたら
よい
のです。

井上さんは

いいところに
気がついたのですが

かさぶたを
はがしすぎ
ちょっと狂って
先に進めなくなっていたようです。

かさぶたのとりあつかいには
細心の注意が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です