綾戸智恵指揮者の装いで全快をアピール!にみるPTSD

精神安定剤の過剰摂取で
入院し
退院した
ジャズ歌手の綾戸智恵が

寄せ集めの交響楽団が
起こした
奇跡の物語にちなんで
指揮者の装いで登場

「まいど!
不死鳥のごとく
戻って参りました」と
笑顔で全快をアピール
しました。

入院時からは
体重も1~2キロ増えたと明かし
心労の原因となった母の介護についても
「これからは近所の人を頼ります」と語った。

彼女のような
タフそうな人でも

介護のつらさから
精神安定剤を飲むこと

しかも
飲みすぎるという
間違いを起こすほどの
混乱をしてしまうことが
あること

でも回復すること

歌以外に
いろいろ教えてくださる
綾戸さんです。

回復時に

指揮者
(解離した人格の総指揮者としての
主人格)
人を頼る
(本当の無我の意味である
縁起の1つの表れ
相互扶助の精神)

とは…

【象徴】的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です