ユングのPTSD トラウマ事件③ 瞑眩反応

ひらめきや復讐心は
【自己治癒力】の作動による
ものでしょう。
東洋医学では
瞑眩反応と言います。
(病的に悪化したように見えます)

学校に行かなくてよい
というひらめきは
こころ全体からの
反応です。

ユングは学校というものに
適応するのはあたりまえだ
という意識が強かったのですが
(当たり前だと
思われる方もあるかと
思いますが)

12年間ユングを影から観察してきた
無意識も含めたこころ全体は

『こんなに個性的なヤツなのに
そんな無理がいつまで通用すると思ってるのか
そんな人生でいいのか』と反発し

ユングの意識的な気持ちと
真逆の考えを強力に押し付けてきたのです。

補償作用ですから
無意識が正しいという
わけではないです。

とうてい受容しがたい困った要求に
困惑しますが
実は少しパワフルになっても
いるのです。

復讐心が芽生えたのは
その一端でしょう。

復讐というと
あまりよい感じがしない
かもしれませんが

この事件をトラウマ化させては
ならない

なんとかがんばろうとする気持ちの
現れなので
それに殴りかえしたわけでもないし
12歳の子どものこころですから
(もしかしたら翻訳の問題も
あるかもしれませんし)
好意的に受け取ってくださいね。

しかし
応急処置は失敗したので

―意識と無意識の葛藤で
意識が勝った―

第二段階に突入し
【発作】
「逃げるな!逃げるな!
納得するまで考えろ!」
と襲ってきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です