ユングのPTSD トラウマ事件⑤ 自己実現への抵抗

不登校で

数時間も夢想にふけったり
森や川に出かけたり
マンガを描いたり
物を集めたり
本を読んだり
遊んだり
しているのは

最初は
楽しかったのですが

だんだん
良心の呵責が起こり
楽しくなくなってきました。

『逃げている』という
漠然とした感じも出てきました。

自分を突き飛ばした子についても
うらまないんです。

あれは無意識的に
自分がそそのかしたのだ
と考えるんですね。

自己実現への【抵抗】だった
とわかるのは
人生も後半になってからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です